「発表会」遠方からのお客様

「朋あり遠方より来る、また楽しからずや」は「論語」の有名な言葉ですが、

発表会に遠くからお客様がいらして下さるのは、本当に嬉しいものです。

それが、ご家族の方なら、出演者のダンサー(生徒さん)にとっては、

言葉では言えないくらい、嬉しいものです!

今回の発表会で、野沢先生の楽屋にご挨拶にいらっしゃいました。ある生徒さんは大阪から

おじいちゃんとおばあちゃんがお孫さんの晴れ姿をご覧になるために、いらしたそうです。

その生徒さんにとって、きっと久しぶりに会えるのはどんなに嬉しかったことでしょう。

それも、奇麗な衣装を着て、スポットライトを浴び、大きな舞台でおじいちゃんと

おばあちゃんに見てもらえるんですもの。嬉しくない訳がありません。

きっと、おじいちゃん、おばあちゃんも孫娘の舞台の晴れ姿をご覧になって

喜ばれたことでしょうね。

また、ある生徒さんは発表会をご覧になるために広島からお母さんが

いらっしゃいました。

いつもは、こちらで一人暮らし?かな。

久しぶりにお母さんに会えるんですから、とっても嬉しかったことだと思います。

そして、我が娘の晴れ舞台をご覧になったお母さんも喜ばれたとおもいます。

発表会のような特別な日だからこそ、みんなが再会できる。

そんな、喜びを共有出来るのも舞台、「バレエ」の発表会の魅力のひとつかもしれません。

コメント