お母さん何気ない言葉、その口癖はお子さんのバレエに悪影響をあたえているかも?

普段、子どもに対して何気なくかけている言葉が、実は子どもの気持ちを挫いていたり悪影響を与えていたとしたらどうですか?

良かれと思って言っている言葉、ダメだと分かってはいるけどついつい出てしまう言葉。どちらにしても言い方を少し変えるだけで、子どもたちが勇気付けられ、素直に言うことを聞いてくれれば子育てのストレスから少し解放されるかもしれません。

出典:言ってない?今すぐやめた方がいい「子どもに悪影響を与える口癖」5つ

 

お母さんの何気ない言葉が、お子さんに悪影響を与えている

という記事を発見しました。

そのNGワード5つをご紹介します!

 

NG1:よくやった!

NG2:たいしたことない、大丈夫

NG3:ママ、ダイエット中なの

NG4:気をつけて!

NG5:デザートはご飯の後ね

 

いかがでしょう?

あまりにも普通で、何気ないことばなので

意外に思われた方もいらっしゃるかもしれませんね。

ところが、このNGワード

子供さんには、ストレスとなったり、やる気をなくしたりと意外な

影響がおおきいようです。

 

たとえば、バレエを習っているお子さんに

お母さんがこのNGワードを

連発とまではいかなくても、多少なりとも

発していたとしたら

バレエのレッスンへのやる気にも影響があるかもしれません?

お母さんの何気ないこのNGワード

気をつけた方がいいかもしれません?

 

【補足】

NGワードがなぜお子さんに悪影響を与えるのか?

その詳細は、出典の記事

言ってない?今すぐやめた方がいい「子どもに悪影響を与える口癖」5つ

こちらをお読みなってください。

理由がわかりますよ!

 

 

 

 

コメント