「バレエ」を習うメリットだけでは、わからないのが「バレエ」

「バレエ」は女の子にとって憧れの習い事。

だから大人になって、「バレエ」を始めたくなる方は多いはず。

そんな、大人になってから「バレエ」を始めるメリットについて

紹介しているブログがありましたので、ご紹介します。

1. 姿勢が良くなる
2. 柔軟性が身につく
3. バランス感覚と体の動きを調整する能力が養われる
4. 全身の筋肉を鍛えられる
5. 身のこなしが良くなり、自信がつく
6. 気分転換、ストレス解消になる

「今からでも遅くない!大人になってからバレエを習う6つのメリット」

とりたてて新しい内容ではないように思うのですが。。。。

それと、6項目の内容は、大人ではなくても

「バレエ」を習うメリットとして、小さなお子さんから、男の子

小学生、中学生、高校生、大学生であったとしても

「バレエ」を習うとしたら、誰にとっても同じ効果、メリット

なのではないでしょうか?

だとすれば、どこで習うのか?

それが問題です。。

いまは、カルチャースクール、スポーツクラブ、バレエ団の付属スクール

そして、昔から日本では一番普及している

一般の、小規模ではあるけれど、「バレエ教室」があります。

大人の方は、オープンクラスでチケット制という

働いていらっしゃる方にとって、割と便利なスタイルを選ばれる方が

多いのかもしれませんね。

以前、カルチャースクールの運営されている企業の方から

直接お話を聞く機会があり、そのときに

「「バレエ」はカルチャースクールの講座のなかでも

一番人気があり、生徒さんがすぐに集まるので

どうしても、必要な講座なのだと」

仰っていました。

さらに、

本格的な「バレエ」でなくていいんです。

「バレエ」もどきで!

さすがに、企業ベースで考えると

そうなってしまうんですかねぇ〜

すべての企業がこのような考え方で、「バレエ」をとらえ

運営されているとは思いませんが、

「バレエ」をそんなふうに考えたことがなかったので

考え方の違いに違和感を感じたものです。

知り合いのバレエ教室の先生方は、

「バレエ」に対して、真摯に向き合い、情熱を注いで

いらっしゃる先生が多かったので、

新鮮な驚きでした。

なので、「バレエ」とひとくちにいっても

大人の方で、「バレエ」を始める場合は

「バレエ」もどきでも構わないし、気にしないという方は

あまり、神経質にならないで、自分のライフスタイルに

あわせて都合のよいところで、「バレエ」を

習えばよいとおもいます。

同じことは、小さなお子さんや小・中・高校生などの学生のみなさんにも

あてはまることです。

ただ、

本気で「バレエ」を習おうと思ったら

それなりに、真剣にバレエを教えている教室を

考えて、探す必要があります。

その意味では、同じ「バレエ」を習うといっても

その内容、考え方の違いがあり

きちんと棲み分けが出来ているのです。

こちらが、本物のバレエであちらはにせもののバレエとか

ということではなくて、「バレエ」をどのように

考え、とらえて、生徒の皆さんに「バレエ」を教えるのかの

違いがあるだけです。

実際にどんなスタイルの「バレエ」を習うのかは

始めようとする、その方の

考え方によります。

ただ、スタイルの違いを理解して

納得して「バレエ教室」を選べば、

問題はないのではないでしょうか?

バレエを習うから、メリットが欲しいと

思って始めるよりは、

もっと素直に、「バレエが好き!」

そんな、純粋な気持ち、単純な動機で

「バレエ」に接して頂いた方が

長続きするような気がします。

せっかく「習い事」に「バレエ」をと

考えられるなら、

長続きして欲しい!

そう願います。。。。

それに、「習い事」といっても、

本気で取り組めば、どんな分野、どんな習い事であっても

奥が深く、魅力的な世界であることは

間違いないのですから。。。。

シェアする

フォローする