バレエが上手になるために、参考になる一冊かもしれません

バレエを習っていて

誰もが感じること。

そう、

すぐには上手にはならない!

しかも

なんども先生から注意される

そんな経験ありませんか?

そんな誰もが一度は経験し、感じたことのあるいやな思い・・・・

じゃあ〜どうすればいいの?

自分でチェックするために

参考になるかもしれません?

 

「これで先生のアドバイスどおりに踊れる! バレエ整体ハンドブック」

目次
1章 脚 美しくしなやかな脚を作るためのアドバイス
2章 体幹 キレのある動きを作る体幹へのアドバイス
3章 腕 肩や腕がしなやかに動くようになるためのアドバイス

 

どうして先生に注意されても直せないの?
何度も先生に注意をされているのに、なかなか直せない。バレエをやっている方なら誰もが経験していることだと思います。できていないのはわかっているのに、直せない。
「なぜ直せないのか?」
それには理由があります。直そうとするあまり、その部分だけに集中してしまい、身体をつなげて動かせていないからなのです。
実はバレエにはバレエ用の身体の動かし方があり、それらはすべてつながっています。
たとえば「骨盤が立っていない」とアドバイスされたとき、それは骨盤だけの問題ではありません。上半身、体幹、脚のつながりまで意識する必要があります。
そう言われると難しく感じてしまいますがご安心ください。
本書では、そのつながりに基づいた「セルフチューニング術」をご紹介します。この方法はダンサーさんが多数訪れている著者の治療院で実際に効果が出ているものです。
簡単ですが身体の使い方のコツを実感でき、自然ともっと踊れる身体になり、ケガも減っていきます。バレエ初心者でも、身体が硬くても大丈夫。
身体を整えて、踊れる身体を作ってしまいましょう!

 

 

 

これで先生のアドバイスどおりに踊れる! バレエ整体ハンドブック
これで先生のアドバイスどおりに踊れる! バレエ整体ハンドブック

 

あなたのバレエの悩み

参考になる一冊かもしれません!

 

コメント