野沢バレエを創るバレエへの眼差し

野沢きよみバレエスタジオの大きなお姉さんたちは、

いま、それぞれに自分探しの旅

ー実際にどこかを旅行しているわけではありませんがー

へと模索がはじまっています。

踊りをベースにして表現者として自分にあった方法は?

クラシックバレエの舞台、コンテンポラリー、お芝居なども含め

て、さまざまな可能性を模索。

と同時にバレエの指導者としての勉強、経験を重ねつつ

バレエ教師を目指す修行といっては大げさですが、こちらも模索

しながら自覚と成長を求められ、そのことに応えようと一生懸命

に頑張っているお姉さんもいます。

一応にバレエが根っこにあって、そこから自分に一番あった仕事は?

一般社会人としても一歩を歩み始めようする動きも

それぞれに成長しているようです。

 

そして、これからの野沢バレエのリーダー候補となるのが以前

にも紹介したことがありますが、ヤング世代の生徒さんたち。

バレエのコンクール、舞台と積極的にバレエに取り組んでいます。

このヤング世代がこれからいろんなことにチャレンジし時に嬉し

くて涙し、そして悔しくて涙することでしょう。

でも、その涙が次につながり、人間として大きく成長させてくれ

るものと信じています。

大きなお姉さんたちが涙した跡をきっとまたたどっていくでしょう。

そのひたむきなバレエに対する姿勢がその次の世代、

ジュニアの生徒さんに繋がっていくのです。

 

そして、野沢バレエで一番元気のいいのが、このジュニア世代。

とにかく、元気!

レッスンが終わった後はもっと元気!

ともかくやることなすこと全部面白くて仕方がない時期

好奇心のかたまりでもあります。

ですから、その好奇心とこわい物知らずで

何事にもへっちゃら!とばかり、

やっちゃいます。

 

そして一番したのクラス。プレのこどもたち。

まず、スタジオの広さに、すっかり心が解放され

レッスン前に運動会とばかり、元気な声をあげて

スタジオの中を走り回っています!

このはじける瞬間とレッスンに真面目に取り組む

メリハリがとってもいいのでしょうね!

レッスンが終わったあとは大きな声でのごあいさつ!

こころをただ解放するだけではなく、礼儀もしっかりと

覚えていきます。

 

野沢きよみバレエスタジオの生徒さんたちの

それぞれのバレエへ眼差しが、

これからの野沢きよみバレエスタジオを

創ってくれるのでしょうね!

コメント