バレエを習う魅力の一つ、それは・・・

小さなお子さんがバーにつかまってバレエのレッスンをすると

それだけで、腕や足の筋肉を鍛えていることになります。

本人たちはそれが楽しい時間という意識の中で

きっと自然にバレエの基礎を覚えていくのではないでしょうか。

バレエは単にからだを鍛えるだけではなく、他の人との

コミュニケーションにも役立ちます。

例えば発表会などで一緒に踊る時がそうです。

自分たちが踊る曲の舞台に出る時、踊りの終わった後の

ご挨拶。踊りの中で列を揃えたり、円を作ったり

一緒にジャンプしたり、手をつないだり

自分のことだけではなく他の人のことを

ちゃんと見て、場合によっては気遣いが必要だったり。。。

小品を踊る。

この中には他の人とのコミュニケーションをしなければ

踊り自体が成立しません。

たとえ小さくても、舞台に上がれば全員が「バレリーナ」です。

お客様に自分たちの踊りを見ていただくのです。

みんな揃って綺麗に踊る!

個人差はあっても気持ちは同じ。

バレエを習って生まれる意識です。

そして、自己表現。

自分の存在

自分の人間性

自分は一体何者?

様々な自分という存在に対する問いかけを

いかに踊りで表現するのか。

いかに美しく表現するのか。

いかに感動を与えられるのか。

そのことをもっと深く考えるためには

生徒の皆さんは、創造性を追求し

自らの創造性を深めるだけではなく、開発するのです。

自分の頭で、難しい問いかけに答えを見出そうと

努力するのです。

人に優しく、思いやりのある人間。

何が美しく、人のこころを打つのか。

その感性を磨き育てていく。

このように

バレエを通して多くのことを学ぶのです。

「バレエ」の持つ魅力の一つではないでしょうか。。。。

シェアする

フォローする