バレエコンクールは花盛り

野沢先生宛にいろんなところからバレエコンクールの案内が届いています。

バレエコンクール花盛りということでしょうね。

むかしから伝統があり、評価の高いバレエコンクールがある一方で

どう考えても企業が主導のお金儲けとしか考えられないコンクールもなかには

あるようです。

だからといって、それが悪いとは断言することも出来ません。

どんな形で開催されようと、参加する人が納得していれば

問題はないからです。

後発であっても、しっかりとしたバレエコンクールもあるのです。

その結果、本来プロのバレエダンサーを育てるためのバレエコンクールが

どのようになったのか?

プロのダンサー目指してコンクールに参加するタイプと一人で舞台で踊ることが

出来るので、コンクールに参加するタイプの大別すると2種類にわけることが

出来そうです。

というのも、どうみてもバレエの初心者でトゥシューズを履くのもやっとという

参加者がいるからです。

先ほども書きましたが、だから悪い、それはいけない、とは

いうこうは出来ません。

ただ、予選を通することはなかなか難しいかもしれませんが・・・

参加することで、コンクールの本番の緊張感は存分に味わえますし

一人で舞台にたって踊るわけですから、普段のレッスンとはまったく様子が

違うでしょう。

そんな、普段の生活では味わうことの出来ない体験はそれなりに貴重だと思います。

どちらのタイプであっても、バレエが好きなことに変わりはないわけで

「バレエ」を支える大切なファンであり、これからのバレエを支える人たちでも

あるわけですから。

どんな形であれ、バレエを愛する人が増えることは

大いに望ましいことです。

ひとりでも多くの方が、「バレエ」の舞台をみて感動したり

バレエコンクールに参加して、将来プロのダンサーを目指す方や

経験のためにコンクールに参加されるかた、

すべての方が「バレエ」が好きでいることが

一番大切です。

それと、人って変わります。

いつ本気モードのスイッチがはいるか

誰にもわかりません。

なので、「バレエ」のレッスンを続けていて欲しいですね!

まだ、バレエを習っていないかたは、「バレエ」に魅力を感じ

習いたい!と思ったら、バレエ教室ちょっとだけでも覗いてみて下さいね。。。。

コメント