二度と行きたくない場所ーバレエの発表会ー

親戚、近所のお付き合い、お友だちとのおつきあい。。。。。

そんなお付き合いのなかでも、義理でやむを得ずお付き合いしなければならないのは

それがまったく興味のないものなら、なおさら苦痛以外のなにものでもない。

どうやらバレエのそのなかのひとつのようです・・・・・・

■親戚のバレエの発表会
「親戚の子どものバレエの発表会。正直知らない子だし、2時間かなり苦痛だった」(埼玉・27歳)

二度といきたくない場所!というネットのある記事に、

バレエの発表会もありました。

一般的にバレエといえば、たくさんのお客様。

そんなイメージがありますが、どうやら

義理でおつきあい。

しかたがなく、バレエをご覧になっている方が多いのが実情なのか?

習い事の発表会は、それがバレエであれ、ピアノであれ、日舞であれ

興味のないものを長い時間みなければならないというのは

たしかに苦痛かもしれませんね!

しかし、なかにはまったく初めてでも

興味をもち、発表会といってもその内容によっては

あっという間に時間が過ぎてしまう。

そんな発表会がないわけではありません。

そうした意味において、野沢きよみバレエスタジオの発表会は

比較的、好意をもってご覧になっていらっしゃる方が多い?と

思うのですが・・・・。

というのも、ご覧になった方の感想を伺ったとき

「おもしろかった!」

「感動した!」

と、いう声をたくさんいただくからです。

お知り合い、お友だち、親戚の方の習い事の発表会であっても、

興味のない方たちを、長い時間飽きることがなく

逆に舞台に引き込まれてしまうくらいの内容、ある程度のレベルの高さが

あれば、ただ小さなお子さんたちの可愛い!というだけではない

発表会を楽しむことが出来ると信じています。

二度と生きたくない場所。

そのなかにバレエの発表会が入らないよう、努力し精進したいですね!

コメント