思い込みの過信はいくらレッスンしてもバレエは上達しない

自分ではやってるつもり・・・

実はこの思い込みって、なかなか自分では気づかない。

いや気づけないと、いった方が当たっているかもしれません?

つい最近、このことに気づかされました。

野沢きよみバレエスタジオのホームページで

自分ではやってるつもりなっていたのです!

ところが、

客観的にホームページを調べるサイトがあって

試しに調べたところ、

予想に反して、

全くわたしの思いは実現されていませんでした!(涙!)

バレエを習っている生徒さんにも

私と同じような方がいましたねぇ〜

先生が、

「そうじゃない!」

「カラダの使い方が違うでしょ!」

いくら注意しても、直らない。

そりゃあ当然です。

その生徒さん。

心の中では、

「いわれた通りにやってるもん!」

頑なに、自分が正しい!

そう思い込んでいるのです。

どうしても、直そうとしないので、

とうとうビデオに撮って、

カラダの使い方の間違っているところを

ビデオで確認。。

「あれ?」

「ここ、ヘン??」

「ほら、先生のいってることわかった!」

「やっぱり、ヘンでしょ!」

「おかしいでしょう」

やっと、納得したのか

「ハイ」

ここまで来てやっと正しいレッスンに。

素直に先生の言うことを効くようになったなんです!

なんと時間のかかることか!

こんなケースが最近増えているようです。

自分も含めて、

「やってるつもり」の

過信は禁物ですね!

とはいうもの、自分で気づくのは

結構難しいです!

バレエのプロフェッショナルの先生が、客観的にきちんと見て、

注意してるんですもん。

やっぱり、その指摘に間違いはありません。

素直に先生の言葉を聞き入れる

そんな、こころの準備をいつもしておけるように

頑固な思い込みの呪縛から解き放たれるために

こころを空っぽにし、

本当のバレエのレッスンを始められる準備を

怠らないようにしたいですねぇ〜!!

バレエが上手になりたいなら、

先生のいうことを、素直に聞く姿勢が大切ですね!!

シェアする

フォローする