日本的なこころと言葉でバレエを感じるとき

舞台を終えて

すべてに感謝!

そんなダンサーのお辞儀をする姿が

美しい!

と同時に

西洋にはない日本的な考え方

「物の哀れ」

この言葉に惹かれ

気持ちがちょっと穏やかになると

紹介されていた記事のことば

「物の哀れ」という語句を挙げた。美の移ろいやすさを意味する表現だ。

「簡単に言うと、移ろうものに悲しみつつ、同時に感動するということ。生と死の関係にまつわる言葉だ。日本にはとてもはっきりした四季があり、生と死、そして無常を痛感させられる。一瞬一瞬の大切さを意識するようになる」

日本的な言葉について

もうひとつ

「一期一会」

バレエの舞台で同じ時間を味わい、

ともに感じ

ともにおなじ空間に

ある。。。。。。。

うつろい時間のひとときを

この一瞬に

かける

美しさを・・・・・・。

コメント