異業種との出会いは、新しい自分の発見につながるかも

 

日本で活躍している歌手のクリス・ハートさんの新しいCDアルバム「Dreams」に、

バレエダンサーの仲村祥子さんがミュジックビデオShort Verに参加、

見事な踊りを披露しています。

 

クラシックバレエとは一味違った、コンテンポラリーダンス。

自分たちが普段活動するジャンルとは異なった人たちのコラボ。

そんな活動に、新鮮でそして新たな発見を見出せそうな今回の踊り。

 

科学の研究やビジネスの世界においても、異業種との出会いはブレイクスルーを生み出しやすくし

今までとは違ったものを創り出す大きなエネルギー、空間、発見に遭遇できるチャンス。

バレエが好きな方でも、お芝居、ミュージカル、絵画、音楽など

自分の知らない分野との関わりは、これまでの自分とは違う自分を発見する旅です。

 

何かに夢中になる。

何かを一生懸命頑張る。

 

それは、

 

将来役に立つから、

自分のキャリアとして、実益となるから

そんな、実利だけの理由だけで、夢中というか一生懸命やる必要はありません。

 

世の中、無駄なことに一生懸命になることにこそ

ある意味、無駄ではないのです。

 

自分を磨くというのは、

好きなことに夢中になること。一生懸命頑張ってみる。

 

そこからスタート。

 

人生、

実益や実利だけが自分を助けてくれるのではなさそうです。

 

いま、

自分が好きなこと、

面白そうな自分の知らない世界との出会い。

 

それが

 

新しい何かを創り出し

新しい自分との出会い、発見の一番の近道かもしれません?

 

 

ミュージックビデオには、欧州の名門バレエ団でプリンシパルを歴任し、現在は熊川哲也が芸術監督を務めるKバレエ カンパニーに籍を置くバレエダンサー・中村祥子と同団の若手ソリスト・杉野慧が出演し、同じく国際的に活躍するコンテンポラリーダンサー/振付家の平山素子によるコンテンポラリーダンスを通して、楽曲のテーマとストーリーを表現している。