第45回ローザンヌ国際バレエコンクール(2017)再放送のお知らせ!

2017年9月21日

 

私以外にも「第45回ローザンヌ国際バレエコンクール」の

テレビ放送を見逃された方は多いのじゃないでしょうか?

 

うっかりして、6月3日の放送を見逃したのですが

今日何気にTwitterを読んでいたら、バレエダイジェストさんからの

投稿に、第45回ローザンヌ国際バレエコンクール【再放送】の

ツイートがあり、やっと再放送が決まったんだ!

バレエダイジェストさんありがとうございます!

 

第45回ローザンヌ国際バレエコンクール【再放送】
◇[Eテレ]
2017年7月2日(日) 午前0:25~午前2:25 [土曜深夜](120分)
→ http://bit.ly/2soCVxZ

おさらいですが、日本人ダンサーの踊りはこちら

 

「“ラ・フィーユ・マル・ガルデ”から」
山元耕陽(15歳)

「“ラ・バヤデール”から ソロルのバリエーション」
太田倫功(18歳)

「“ラ・バヤデール”から 第1ソリストのバリエーション」
藤本結香(15歳)

「ヨンダリング」
日本…(15歳)山元耕陽

おまけ、

バレリーナの夢へ一歩ずつ足を踏み出す15歳の藤本結香さんが、ローザンヌで体験したコンクールの様子を写真で紹介する記事。

「心から楽しんで踊った」藤本結香さんの一週間

 

まだおまけがあります!

 

今回出場した世界の若きダンサーたちのフォトライブラリー

一流を目指すバレエダンサーたち

 

こちらもぜひご覧になってください。

 

最後に

 

ローザンヌバレエ決勝、中尾太亮さん3位、山元耕陽さん4位入賞 1位はミケーレ・エスポジートさん

 

第45回ローザンヌ国際バレエコンクール

同コンクールは、ブランシュバイグ夫妻によって1973年に創設された。15~18歳の若いダンサーを対象にした世界最高の国際バレエコンクールで、若いダンサーの登竜門の一つとも言われる。目的は伸びる才能を見いだし、プロになるための支援をすることにある。

今年は、2017年1月30日から2月4日まで開催。昨年秋のビデオ審査で、17カ国の計74人が選ばれた。このうち日本からは13人。過去11年間、日本はいつも最多の数のダンサーを送り込んできた。

例年通り今年も、二つの年齢グループ(15~16歳と17~18歳)に分かれて4日間コーチを受け、5日目の2月3日には参加者全員が舞台で踊り、決勝進出者20人が選ばれた。