継続は力なり

「継続は力なり」

この言葉は、もうずいぶん昔

ラジオから流れてくる言葉でした。

大学受験のラジオ講座。

講座のなかで先生がよくおっしゃった言葉です。

この言葉の意味は、何も受験勉強に限りません。

何事も自分が興味も持って続けていることや

好きで続けていること。

どんなことでも、続けているといつの間にか

今までの自分とはほんのちょっぴりだけど

変わっています。

そのことを実感出来ることは、なかなか難しいかも

しれません。

いっこうに、進歩しない。上手になっていない。

やっても、やっても何一つ変わらない。

そんな気持ちになってしまい、

もういいや!

何度も気持ちが折れそうになってしまう!

そんな気持ちになったことはありませんか。

受験勉強をやっているとき、

あせりと一向に変わらない状況に絶望が襲ってきます。

そんなとき、

「継続は力なり」

ラジオから流れてくる先生の言葉に

励まされました。

そう、

バレエも同じです。

何年もバレエを続けても

途中であきらめて、辞めてしまったら

すべてがゼロになってしまいます。

自分が納得して、バレエを卒業するのでしたら

後悔はしないでしょう。

でも、

気持ちが折れたり

途中で諦めてしまったら

それは、

不完全燃焼。

納得出来ない自分の存在に

「嘘」をついていまいます。

そんな状況だったら

深呼吸して

もう一人の自分に話しかけてみてください。

後悔しない?

もう、卒業でいいの?

もうすこし続けてみたら?

苦しい自分から逃げ出そうとしているだけ

なのかもしれません。

辛くて苦しいときや疲れたら

「一休み」

しましょう!

自分のこころのなかに

エネルギーが満ちてくるのを

静かに待ちましょう!

休みながらでも、続けていれば

きっと新しい世界がみえてくるはずです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする