美しいコール・ド・バレエに挑戦した1枚の画像

バレエをご存じの方なら、

コールドときいて、すぐに「コール・ド・バレエ」のことだとお判りになるとおもいます。

バレエの作品のなかで、コールドバレエの美しい作品と

いえば、

「白鳥の湖」第2幕

「ジゼル」第2幕

それと

今回ご紹介した画像の

「ラ・バヤデール」

いや、これだけじゃないよ!

 

そう思われる方もいらっしゃるかもしれません?が、

個人的な好み、意見として捉えて頂ければ幸いです。

 

個人的には、この「ラ・バヤデール」のコールドの踊りは

大好きな作品です!

2005年の発表会の作品ですが、バレエ教室の

発表会でコールドを揃えるのは、案外

大変なのです。

まず数をそろえなければなりませんし、

数だけではなく、

コールド全体の踊りのレベルをある程度

揃える必要もあります。

極端に、上手な人と下手な人が混じって

一緒に踊ろうとすると、作品が壊れてしまい

せっかくの「コール・ド・バレエ」が

美しくありません。

俗に云う

見せ場が見せ場ではなくなり

ただ人の寄せ集めとしか見えなくなります。

こうなってしまうと

作品自体が失敗というだけではなく

逆に、見苦しくさえ思えてきます。

そこに、コール・ド・バレエの難しさがあります。

 

野沢きよみバレエスタジオでは、

この頃、大変上手な生徒さんがたくさんいましたが

何より、スタジオ全体の生徒さんのレベルが非常に

高かったばかりではなく、生徒の数も多かった。

 

そこで、コール・ド・バレエの美しさを前面にだす

この作品、「ラ・バヤデール」に挑戦したのがこの1枚。

 

感動的でとっても美しい「コール・ド・バレエ」

 

 

 

 

 

コメント