習い事のバレエがイジメから救ったあるおはなし

NHKの夕方の番組「シブ5時」に、教育評論家の尾木ママこと、尾木直樹さんがゲストとして出演されていて、
「イジメ」について、コメントしていらっしゃいました。

あることをきっかけに学校に行けなくなってしまった。
あるお子さんのはなし。
真面目なママは学校を休むことを許さなくて
何としても学校にお子さんを連れて行こうとします。
お子さんは頑として受け入れず、大声を張り上げて
拒絶、抵抗しました。
ところが、そのお子さんは「バレエ」を習って
いたのですが、なんとバレエのレッスンだけは
けっして休まなかったのだそうです。「バレエ」がその子をイジメから救ったのだそうです。

習い事で救われた!

生活の場が学校だけではない。
別の場所、別の世界がある。
自分が生きている世界は、学校と家庭だけではなく
別の世界があるし、自分の居場所がきっとあるよ。
そのことにそのお子さんとお母さんは気づいたのです。
不登校が続き、バレエのレッスンも続けました。
自分の居場所「バレエ」がその子を救い、変えたのです。やがてまた学校に登校するようになったのだそうです。相変わらず、イジメはあったそうですが、
学校以外の生活の場、居場所に気づいてからは
あまり気にすることなく学校生活を続けることが出来、立ち直ったそうです。

さらに尾木ママは

イジメを受けた経験のある母親は自分の子供の
イジメに対して、子供に問題があるのでは?
こころのどこかにそう思っている可能性がある。
もしそうならば、お子さんの居場所は家庭にはありません。
お子さんはけっして母親のことを信じることは出来ません。
イジメはいじめる方が絶対悪い!
いじめられる方には絶対わるくない!
人間性の否定。
人格の否定。
人権の侵害。
この行為がイジメなのです。
そして、
イジメに軽い、重いはなく
当事者にとっては、生死に関わる問題なのです。
そのことを深く、重く周りの人は受け止めて
真摯にイジメと向き合うべきです。

番組をみていて、当スタジオでは思春期の生徒さんが
精神的に不安定になり、荒れている時期があったことを
思い出しました。
バレエのレッスンも休みがちになるものの
絶対にバレエを辞めることはなく、
休みがちでも、レッスンは続けたのです。
そんなとき、野沢先生はとことんその子と付き合いました。
レッスンが終わって、二人だけでその生徒さんの話を聞いてあげました。時に深夜に及ぶこともたびたびありました。
どこかで、バレエが逃げ場になり、自分の居場所だったのではないでしょうか?
具体的にイジメという話は聞きませんでしたが、
生活のすべてが、家庭、学校という世界に閉じ込められ
行き場、居場所のない息苦しさをかろうじて
バレエで救われて、家に帰るのが嫌だとその生徒さんはつぶやいていたことを昨日のことのように憶えています。

イジメは絶対ダメ!

いじめる方が100%悪いのです!

いじめられるお子さんは

悪くないのです。

学校がすべてではないことに気づいてください!

さきほどの例のように

バレエでなくても何か習い事を始めるとか

自分の居場所を探してください!

 

いじめられている人に

大きな力にはなれませんし、

「バレエ」という習い事で

関わることでしか出来ませんが、

ほんの少しでも役にたつのであれば、

ドアをノックしてください。。。

 

知らない世界へ足を踏み入れるのは

最初は勇気が必要かもしれません。

でも、

ほんのちょっとの勇気と一歩を踏み出すことで、

あなた自身を救うきっかけをつかむことが

出来るかもしれません。。。。。

 

 

コメント