プロのバレエの壁はとっても高い、でもアマは純粋な気持ちが大切

プロとアマの差。

これは誰がみても歴然としています。

何といっても、プロになるための練習時間。

一般的に10,000時間が目安といわれ

アマの人が簡単に超えられる時間ではありません。

それに、プロは結果がすべて。

結果が出なければ評価はされません。

でも、

アマは違います。

たとえ結果が出なくても、

結果にいたるまでのプロセスがとっても大切。

どれだけ、一生懸命頑張ったのか。

どんなに苦しくても、やっぱり好きだから

頑張り抜くことが出来た。

その努力、プロセスに回りの人は

感動し、応援します。

先日テレビで放送されました、

『芸能人本気バレエ!密着200日…白鳥の湖を踊りたい!SP』

多くのバレエファンがご覧になったとおもいます。

そして、様々な感想をお持ちだろうと思います。

あきらめないで、最後までチャレンジされた方の

どうしても舞台へ上がる。

その強い気持ち、情熱が

苦しい練習に耐え抜かれたのだろうと思いますが

その根底には、「バレエ」が好き!

理屈はいらない!

純粋な気持ちがあったからなのでは

ないでしょうか?

習い事のバレエは、この純粋な気持ち

「バレエが好き」

これだけで十分!!

あなたはどう思われますか。。。。

 

 

コメント