習い事はバレエに限らず、「目的」ではなく「目標」が大切です

習い事を何かやっていらっしゃる方。

毎回の練習(レッスン)に目標をもって取り組んで

いらっしゃいますか?

以前このブログでご紹介した、「習い事に共通するもの」

の記事にも、課題や目標をもって取り組むことが

推奨されています。

何故かというと、

特にバレエの基礎練習は、同じことを

何回も何回も繰り返すことで

からだが覚えて自然に動くことが出来るようにします。

(基礎はバレエに限らずどんな分野でも全く同じです)

そのため、毎回同じことを反復練習ばかりしていると

そのうち何となく出来ていると勝手に解釈して

集中力も落ちて、いつの間にか漫然となりがちです。

そんなことを防ぐ意味でも

毎回、テーマ(課題)や目標をもつことで

意識的に新鮮な気持ちでレッスンが出来るように

工夫が必要です。

ただ、間違えないで欲しいのは、

あくまで、目標であって、目的にならないことが

大切です。

今の自分にとってちょっと難しい課題を克服する。

これは目標です。

課題を克服して満足してしまい、納得してしまう。

これは、目的になっています。

毎回のレッスンが目的になってしまうと

上達しません。

自分ではちゃんとやってるつもりになるからです。

自分を客観的に観察して、判断することが

とても重要です。

 

習い事は目標をもって取り組むと

長続きします。

しかし、バレエならバレエを習っていることで

満足してしまう(目的)になってしまうと

上手にはならないばかりか、途中で飽きてしまい

長続きが難しくなります。

くれぐれも、

「目標」と「目的」を間違えないでくださいね!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント