親子の信頼関係は習い事のバレエにも影響する

もし、お子さんが

「今日はバレエいきたくな〜い!」

と言って

ぐずってしまい

駄々をこねたとき

お母さん

あなたならどうしますか?

一時しのぎに嘘をいってきりぬけたり、

お子さんとの約束を守らなかったり

お子さんのその時、その時の

いうことをきかない理由や原因を

きちんとみきわめないで

一貫性のない対応をしていまう。

なんて、

結構ありそうですね!

 

実際のところ

お子さんの相手というのは

結構、厄介だったり

親のいうことをまったく聞かない!

なんて

しょっちゅうありますよね。

いい加減

感情的にもなるし

親のほうだって、我慢の限界!

 

客観的にみれば

親子といえど

人間関係

 

だとすれば、

信頼関係を築かなければ

お子さんからみて

自分の親だから、余計に

親の嘘を見抜いたり

イライラしている様子をみて

本能でどうしたら

自分の思いを実現できるか

しっかり計算できています。

子供だから、

そんなこと

まさか〜

いいえ、

子供はある意味、

みんな天才!

特に大人の嘘や

約束を守らない

そんな行動や対応を

しっかりと見抜いています

 

 

 

親が、子どもに対しての関わり方に一貫性を持ち、日常の小さな約束を守ることを徹底するだけで、子どもの親に対する信頼度は確実に上がります。結果的に安定した気持ちを育み「聞き分けがよく」なるのです。

言う事を聞かない子どもの親の残念な共通点 | 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
こんにちは。生きやすい人間関係を創る「メンタルアップマネージャⓇ」の大野萌子です。毎日の生活の中で、言うことを聞かない子どもの言動に「イライラ」することも多いのではないかと思います。それを子ども自身…

コメント