NHK BS 9月16日(日)パリ・オペラ座バレエ「PLAY」放送

毎回楽しみにしているNHK BSの『プレミアムシアター』ですが、9月放送の

バレエの内容がWebで公開されていますのでご紹介します。

今度の放送はパリオペラ座バレエです。

クラシックではなくコンペンポラリーです。

それと再放送ですが、オーレリ・デュポンのマノン。

個人的に大好きなダンサー、オーレリ・デュポンの

踊りが楽しみです。

お見逃しなく!

 

NHK BS 9月17日(月)【9月16日(日)深夜】午前0時00分~

◇パリ・オペラ座バレエ「PLAY」
<演 目>
バレエ「PLAY」(全3幕)
振付・舞台美術・衣装:アレクサンダー・エクマン
音楽:ミカエル・カールソン

<出 演>
ステファン・ビュリョン
ミュリエル・ズスペルギー
ヴァンサン・シャイエ   ほか
パリ・オペラ座バレエ団

収録:2017年12月18・19日 パリ・オペラ座 ガルニエ宮(フランス)

◇パリ・オペラ座バレエ「マノン」【再放送】
<演 目>
バレエ「マノン」(全3幕)
振付・演出:ケネス・マクミラン
音楽:ジュール・マスネ
編曲:マーティン・イェイツ<出 演>
マノン・レスコー:オーレリ・デュポン
デ・グリュー:ロベルト・ボッレ(ミラノ・スカラ座バレエ団)
レスコー:ステファン・ビュリョン
レスコーの愛人:アリス・ルナヴァン
ド・モルフォンテーヌ:バンジャマン・ペッシュ
看守:カール・パケット   ほか
パリ・オペラ座バレエ団

<管弦楽>パリ・オペラ座管弦楽団
<指 揮>マーティン・イェイツ
<美術・衣装>ニコラス・ジョージアディス
<照 明>ジョン・B・リード

収録:2015年5月18日 パリ・オペラ座 ガルニエ宮(フランス)

ニジンスキー NHKBSプレミアムで11月19日(日)放送決定

2018年の来日公演が決定していますハンブルク・バレエ団ですが

これに先立ちというわけではないのでしょうが、

今年5月に地元ハンブルグでの公演「ニジンスキー」(全2幕)の映像が

NHKBSで早くも登場。

11月19日(日)深夜のテレビ放送が決定しました!

リアブコがニジンスキーを踊りますが、来日公演で2月10日(土)に

踊る予定としてキャスティングされています。

またご存知の方も多いと思いますが、ハンブルク・バレエ団には

ローザンヌ国際バレエコンクールで1位入賞し現在ソリストとして活躍し

ている菅井円加さんも所属しています。

残念ながら「ニジンスキー」には出演していませんが、

来年2月の来日公演では「椿姫」で彼女の踊りを楽しめそうです。

HKBSプレミアム 11月20日(月)【11月19日(日)深夜】午前0時00分~

◇ハンブルク・バレエ「ニジンスキー」
<演 目>
バレエ「ニジンスキー」(全2幕)
音楽:前奏曲 ハ短調 作品28 第20  ショパン 作曲
ウィーンの謝肉祭の道化  シューマン 作曲
交響組曲「シェエラザード」から  リムスキー・コルサコフ 作曲
ビオラ・ソナタ 作品147から  ショスタコーヴィチ 作曲
交響曲 第11番 ト短調 作品103「1905年」  ショスタコーヴィチ 作曲
振付・舞台美術・衣装:ジョン・ノイマイヤー

<出 演>
ヴァスラフ・ニジンスキー:アレクサンドル・リアブコ
ロモラ・ニジンスキー(ヴァスラフの妻):カロリーナ・アグエロ
ブロニスラヴァ・ニジンスカ(ヴァスラフの妹):パトリシア・フリッツァ
スタニスラフ・ニジンスキー(ヴァスラフの兄):アレイズ・マルティネス
セルゲイ・ディアギレフ(パトロン・興行師):イヴァン・ウルバン
エレオノーラ・ベレーダ(ヴァスラフの母):アンナ・ラウデール
トーマス・ニジンスキー(ヴァスラフの父):カーステン・ユング
タマーラ・カルサヴィナ(バレエダンサー):シルヴィア・アッツォーニ
レオニード・マシーン(新ダンサー):ヤコポ・ベルーシ          ほか
ハンブルク・バレエ団

収録:2017年5月25・27日 ハンブルク国際化劇場(ドイツ)

このほかに、同日の放送ではロパートキナさんの「アンナ・カレーニナ」が再放送されますので
併せて楽しめます!

◇マリインスキー・バレエ「アンナ・カレーニナ」
<演 目>
バレエ「アンナ・カレーニナ」(全2幕)
ロディオン・シチェドリン 作曲
振付:アレクセイ・ラトマンスキー

<出 演>
アンナ・カレーニナ:ウリヤーナ・ロパートキナ
アレクセイ・カレーニン:ヴィクトル・バラーノフ
ヴロンスキー伯爵:アンドレイ・エルマコフ
シチェルバツキー公女(キティ):スヴェトラーナ・イワノワ
ステパン・オブロンスキー(スティーヴァ):ドミートリ・プハチョフ
ダリヤ・オブロンスカヤ(ドリー):クセーニャ・オストレイコーフスカヤ
コンスタンティン・リョーヴィン:フィリップ・スチョーピン
ベッツィ公女:ソフィア・グメローワ          ほか
マリインスキー劇場バレエ団

<管弦楽>マリインスキー劇場管弦楽団
<指 揮>ワレリー・ゲルギエフ

収録:2014年3月4・5日 マリインスキー劇場(ロシア サンクトペテルブルク)

 

 

WOWOWでバレエの情報番組!「バレエ☆プルミエール」が11月5日スタート

バレエファンはもちろん、バレエを観たことがない人も楽しくバレエに出会える情報番組。これを観れば、バレエを一層楽しめること間違いなし!

番組のキャッチフレーズによればバレエを観たことのない方にも

楽しめる!

というのがウリ。。。

ちなみに番組の名前は、「バレエ☆プルミエール」

WOWOWライブにて11月5日18:30からスタートします。

最新の公演情報やバレエのニュース、注目ダンサーを紹介する。またダンサーによる、バレエメソッドを活用したトレーニング方法の伝授も放送される。

 

と伝えられていますから、とっても楽しみですね!

ただ、WOWOWでの放送というので、

WOWOWに加入しなければ視聴出来ないのが難点といえば難点でしょうか?

日曜の夕方6時30分からのわずか30分ですが、バレエの情報満載でしょうから

見逃せません。

さらに、この番組の終了後、19時からはベジャール特集の一環として

「君はベジャールをみたか」が放送されるようですから、

この秋、たくさんのベージャールパフォーマンスを楽しめそうです。

WOWOWライブ「バレエ☆プルミエール」#1

2017年11月5日(日)18:30~19:00

進行役:大貫勇輔、本田望結

ルグリ・ガラ ~運命のバレエダンサー~ NHK BSプレミアム10月15日(日)深夜放送 

ルグリファンにとっては、嬉しいニュース!

今年8月に東京文化会館で行われた公演がNHK BSプレミアムで視聴できます。

10月15日(日)深夜0時から放送されますので

ぜひ、ビデオの録画予約お忘れなく!

リアルタイムでご覧になりたい方も、ぜひぜひ

忘れないでください!

それと、ボリショイの「眠りの森の美女」も放送されます。

オーロラをザハロワが踊ります!

やはり、バレエの中でも最も優雅で、

バレエを習っている女の子の誰もが憧れるお姫様の踊り。

オーロラ姫の踊りは

クラシックバレエの王道の踊り、と言っては大げさなのでしょうか?

極めて難しい踊り。。。。

だからこそ、憧れる。

だから、いい作品は絶対見るべし!

 

 

 

NHK BS プレミアム

10月16日(月)【10月15日(日)深夜】午前0時00分~

◇ルグリ・ガラ ~運命のバレエダンサー~
<演 目>
「ジゼル」から パ・ド・ドゥ
音楽:アドルフ・アダン
振付:ジュール・ペロー、ジャン・コラリ
「ランデヴー」
音楽:ジョセフ・コスマ
振付:ローラン・プティ
「フェアウェル・ワルツ」
音楽:フレデリック・ショパン/ウラジーミル・マルティノフ
振付:パトリック・ド・バナ
「白鳥の湖」から 黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
振付:ルドルフ・ヌレエフ(1964年ウィーン版)
「ドン・キホーテ」から パ・ド・ドゥ
音楽:レオン・ミンクス
「Moment」(世界初演)
音楽:バッハ/ブゾーニ
振付:ナタリア・ホレツナ         ほか

<出 演>
マニュエル・ルグリ(ウィーン国立バレエ団芸術監督・元パリ・オペラ座バレエ団/エトワール)
イザベル・ゲラン(元パリ・オペラ座バレエ団/エトワール)
マリアネラ・ヌニェス(英国ロイヤル・バレエ団/プリンシパル)
オルガ・スミルノワ(ボリショイ・バレエ団/プリンシパル)
ニーナ・ポラコワ(ウィーン国立バレエ団/プリンシパル)      ほか

収録:2017年8月23・24日 東京文化会館 大ホール

◇ルグリガラの公式ホームページ
→ http://www.legris-gala.jp/

 

◇ルグリ・ガラ ~運命のバレエダンサー~プロモーション動画

◇ルグリのソロ作品動画「MOMENT

◇ ボリショイ・バレエ「眠りの森の美女」
<演 目>
「眠りの森の美女」(全2幕)
チャイコフスキー 作曲
原振付:マリウス・プティパ
改定振付:ユーリ・グリゴローヴィチ

<出 演>
オーロラ姫:スヴェトラーナ・ザハロワ
デジレ王子:デーヴィッド・ホールバーグ
リラの精:マリア・アラシュ
悪の精カラボス:アレクセイ・ロパレーヴィチ          ほか
ボリショイ・バレエ団

<管弦楽>ボリショイ劇場管弦楽団
<指 揮>ワシーリ・シナイスキー

収録:2011年11月16日・20日 ボリショイ劇場(モスクワ)

◇ザハロワの「眠りの森の美女」動画

第45回ローザンヌ国際バレエコンクール(2017)再放送のお知らせ!

 

私以外にも「第45回ローザンヌ国際バレエコンクール」の

テレビ放送を見逃された方は多いのじゃないでしょうか?

 

うっかりして、6月3日の放送を見逃したのですが

今日何気にTwitterを読んでいたら、バレエダイジェストさんからの

投稿に、第45回ローザンヌ国際バレエコンクール【再放送】の

ツイートがあり、やっと再放送が決まったんだ!

バレエダイジェストさんありがとうございます!

 

第45回ローザンヌ国際バレエコンクール【再放送】
◇[Eテレ]
2017年7月2日(日) 午前0:25~午前2:25 [土曜深夜](120分)
→ http://bit.ly/2soCVxZ

おさらいですが、日本人ダンサーの踊りはこちら

 

「“ラ・フィーユ・マル・ガルデ”から」
山元耕陽(15歳)

「“ラ・バヤデール”から ソロルのバリエーション」
太田倫功(18歳)

「“ラ・バヤデール”から 第1ソリストのバリエーション」
藤本結香(15歳)

「ヨンダリング」
日本…(15歳)山元耕陽

おまけ、

バレリーナの夢へ一歩ずつ足を踏み出す15歳の藤本結香さんが、ローザンヌで体験したコンクールの様子を写真で紹介する記事。

「心から楽しんで踊った」藤本結香さんの一週間

 

まだおまけがあります!

 

今回出場した世界の若きダンサーたちのフォトライブラリー

一流を目指すバレエダンサーたち

 

こちらもぜひご覧になってください。

 

最後に

 

ローザンヌバレエ決勝、中尾太亮さん3位、山元耕陽さん4位入賞 1位はミケーレ・エスポジートさん

 

第45回ローザンヌ国際バレエコンクール

同コンクールは、ブランシュバイグ夫妻によって1973年に創設された。15~18歳の若いダンサーを対象にした世界最高の国際バレエコンクールで、若いダンサーの登竜門の一つとも言われる。目的は伸びる才能を見いだし、プロになるための支援をすることにある。

今年は、2017年1月30日から2月4日まで開催。昨年秋のビデオ審査で、17カ国の計74人が選ばれた。このうち日本からは13人。過去11年間、日本はいつも最多の数のダンサーを送り込んできた。

例年通り今年も、二つの年齢グループ(15~16歳と17~18歳)に分かれて4日間コーチを受け、5日目の2月3日には参加者全員が舞台で踊り、決勝進出者20人が選ばれた。