淵野辺バレエスタジオの入口の看板その後

相模原のバレエ教室 野沢きよみバレエスタジオです。

先日いろんなトラブルに見舞われやっと取り替えた淵野辺スタジオの入口の看板ですが、いまのところ剥がれることもなくなんとか大丈夫そうです。

雨やみぞれという悪天候にも耐えたというか、悪夢のような看板の取り替え作業に平和が訪れそうな気配にホッとしています。

相模大野のバレエスタジオにも入口に看板があるのですが、こちらは何の問題もありません。ですからそのままにしてありますが。。。

バレエ教室の案内は通りすがりの方に告知するために設置していますので、できるだけ目立った方が良いのでしょうが、お伝えしたい文言、写真などのイメージなどある種広告宣伝の役割の一部を担っています。

近年マスメディアよりネットの進化はテレビよりモバイルへと多くの方へのプロモーションは移行している中、古い看板といえどまだまだ現役で必要なもののようです。

たとえば体験レッスンやスタジオ見学などで初めてスタジオを訪れる方には場所の特定、案内入口をお知らせするのは必要なことです。

まったくバレエに関心のない方であっても、「バレエ」の言葉も目にすることでなにかしら印象に残れば、テレビでバレエ公演の放送などにもなにかしら気にとめる可能性があります。なにげなくチャンネルでバレエの公演を見たりする機会がないとも限りません。

単に生徒募集のためだけではなく、「バレエ」の魅力をお伝えするためにも多くの方にに目にふれ、気にとまりほん少し心の片隅に「バレエ」の言葉が残ることが出来ればいいなあ!と、わずかな可能性にスタジオのバレエの看板に期待をしています。。。。

コメント