ショパンの曲にのせてバレエの詩と踊りを楽しむ

日本人の多くに人気のあるピアノ曲といえば、

ショパンの曲を連想されるのでは?

上品で優雅、しかもどこか哀愁を帯びたピアノ曲の数々・・・

ピアニストでありながらでも作曲家ある

「ピアノの詩人」ともいわれているポーランド出身の

フレデリック・ショパン

 

そのショパンの華麗な曲に合わせて踊るバレエ?

どんな想像をされますでしょうか?

というより、ショパンの曲とバレエの組み合わせは

成り立つのでしょうか?

など、など、多くのイメージを膨らませ

その一方でわくわくするような期待感

そして、希望と楽しみ!

 

それが今度開催される

「まちだバレエフェスティバル2019」で

野沢きよみバレエスタジオの生徒たちが

ショパンの曲に合わせて踊ります!

ぜひ、ご覧頂ければ嬉しいです!

◇まちだバレエフェスティバル2019

◇会場:まちだ市民ホール

◇会期:2019年9月16日(月・祝)開場:16時30分 開演:17時

◇入場:1,500円(全自由席)

◇演目

第1部、第2部

参加団体によるバレエコンサート

「第19回まちだバレエコンクール」と「第11回全国ジュニアバレエぷれコンクール」の上位入賞者によりエキシビション

第3部

まちだバレエ連盟合同作品、

「くるみ割り人形」第2部より<お菓子の国>

●野沢きよみバレエスタジオは第1部の最後に踊ります!

 

コメント