Youtubeのバレエ動画、野沢きよみバレエスタジオの人気動画ベスト5

相模原のバレエ教室野沢きよみバレエスタジオのYoutubeバレエ動画イメージ

こんにちは!相模原のバレエ教室 野沢きよみバレエスタジオです。。。。

野沢きよみバレエスタジオとしてチャンネルを開設して、発表会のバレエ動画をアップしているのですが、本格的にYoutubeに動画をアップしてから丁度1年になりました。

最近アップした1本の動画が思いの外、再生回数が伸びて、この効果なのか他の動画も少しづつ再生されるようになりました。

そこで、野沢きよみバレエスタジオの「バレエ動画ライブラリー」ベスト5を思い立ちご紹介することにしました。

目次

バレエ動画ライブラリー再生回数ベスト5

第1位 

「コッペリア」第3幕 戦いの踊り

第2位

「くるみ割り人形 第2幕よりークララの夢ー」から〜花のワルツ〜

第3位

「くるみ割り人形 第2幕よりクララの夢より~あし笛の踊り~

第4位

「くるみ割り人形 第2幕ークララの夢ー」より〜中国の踊り〜

第5位

「くるみ割り人形 第2幕より~クララの夢~ 」オープニング~スペインの踊り


いかがでしたでしょうか?

「くるみ割り人形」が人気動画となっているようですね。

気になる作品はありましたでしょうか?

どんなふうに子供たちが踊っているのか、どんな舞台の様子なのか、私たちのバレエ教室ではどんな風に子供たちにバレエを教え、どのように舞台づくりを行っているのかを踊りと一緒にご覧いただけると嬉しいです!

Youtubeにバレエ動画をアップするようになったきっかけ

野沢きよみバレエスタジオとしてYoutubeに動画を本格的にアップするようになったのは、2021年1月に「ラ・カンパネラ」をアップしたのがきっかけでした。

この作品は、野沢先生のオリジナルバレエ作品なのですがその制作のきっかけは

フジ子・ヘミングさんのテレビ放送が心に残っていたことが大きな要因だと思います。

ご存知でない方のために、ざっと彼女のプロフィールを紹介しますと

彼女は天才ピアニストとして注目を浴び、東京芸術大学を卒業し留学の機会を得るのですが、パスポート申請時に無国籍であったことが発覚。留学の夢を諦めらめて国内での音楽を続けていましたが、夢を諦めていたわけではありませんでした。
その後、駐日ドイツ大使の助力により、難民として国立ベルリン音楽大学(現:ベルリン芸術大学)へ留学を果たし、卒業後音楽活動を行いますが、うまくいかずジャガイモを食べて飢えをしのぐという大変な苦労の生活でした。彼女の音楽の師匠の助力でリサイタルの機会を得るも、風邪をこじらせキャンセルになりました。この時16歳の頃、中耳炎の悪化により右耳の聴力を失っていたが、この時に左耳の聴力も失ってしまい、演奏家としての道を断たれました。
しかし、彼女は諦めず耳の治療を行いながら音楽学校の教師の資格を得て、ピアノ教師と演奏活動の2足のわらじを続けました。
1999年2月11日にNHKのドキュメント番組『ETV特集』「フジコ~あるピアニストの軌跡~」が放映されて大きな反響を呼び、フジコブームが起こった。

ウィキペディアより

そのテレビを見たのがきっかけです!

さて、前置きが長くなりましたが、この時放送の中で演奏された曲の一つが

この「ラ・カンパネラ」なのです。

大変難しいピアノ曲らしいのですが、テクニックよりも彼女の弾くピアノの音色、曲の印象に心を打たれたのです。

この時の想い、感性、情念のようなものがずっと心に残っていたのです。

なんとか、この踊りを多くの方に見せられないものかと考え、著作権の問題があるのでこれまでずっと動画をアップすることを諦めていたのですが、思い切って

Youtubeにアップしたところ、著作権の問題はあるものの、Youtubeに広告を表示することで公開が可能とわかり迷わずアップしました。

これを機に、これまでたくさんの発表会の動画をアップすることにしたのです。

バレエ教室の「動画ライブラリー」は子供のバレエ動画が多いのです

発表会の作品をバレエ動画としてアップするのは、私たちのバレエ教室が子供のバレエ教育に力を入れているからでした。

なんとか、その様子を多くの方にわかってもらうには、動画が早く理解してもらえるとの想いがスタートです。

本当は、レッスン動画をアップした方が一番良いのですが、新型コロナウイルス感染の影響で新しい子供たちの募集を控えていたために、子供たちのクラスに生徒が少なくなってしまいました。それと、最近の個人情報保護法のこともあり、リアルタイムの情報は難しくなったことも影響しています。

困ってしまい考えた末、最近の動画ではないが子供たちがたくさん踊っている作品これは、野沢先生の子供たちのために創ったオリジナルの作品を中心に紹介すればわかりやすいのではないかと考えてYoutubeにバレエ動画をアップすることになったのです。

実際にYoutubeをご覧になるとわかると思いますが、子供たちのための作品「白雪姫」が6本、「人魚姫」が9本、「ピーターパン」が8本の動画となっています。

この他に、「くるみ割り人形」2幕、「白鳥の湖」3幕、「コッペリア」3幕の作品にも子供たちが沢山出演し踊っています。

これらの他にも単体の作品が多数アップしていますので、子供たちのバレエ教育をどのように行っているのかお分かりになるのではないかと思います。

動画の再生回数が伸びたのは、「コッペリア」第3幕戦いの踊りがバズったから

こうやってYoutubeのバレエ動画はスタートしたわけですが、初めは再生回数は多くなく、一番多い作品でせいぜい50回位だったように記憶しています。

ところが、「くるみ割り人形第2幕より」クララの夢~あし笛の踊り~をアップしたら、この作品の再生回数がどんどん増えて、いつの間にか1,000回を超えるくらいになったのです。

すると、他の作品も相乗効果なのかだんだん再生回数が増えてきて、2月の初めにアップした作品「コッペリア」第3幕 戦いの踊りがいきなりドーンと増えました。バズってしまったような勢いで現在、12,000回を超えてしまいました。

と言っても、本当にバズったというには程遠く実際の再生回数は可愛いものですが。。。。。。。

私たちの教室ではびっくりした出来事には違いありません。

Youtubeのバレエ動画コンテンツを手作りにこだわる訳

動画をご覧になった方はもうお気づきのことと思いますが、映像のつなぎが悪かったり、音楽が変だったり、タイトルもイマイチ!、まして動画作品の編集に至ってはど素人!そうなんです。。。

実際のところ、お金もありませんのでプロの方にお願いする訳にも行きません。

しかし、お粗末であっても動画を改めて編集するときに何度も見直すと、
発表会当時の記憶がまざまざと蘇ってくるのです。

  • あ~これは苦労したんだよね!
  • ゲネはうまくいったのに、本番で失敗しちゃった!
  • 練習がきつくてホントに大変だったね!

一つひとつの作品と子供たちすべてに強い想いがあり、懐かしくもあり、こちらの方が舞台に立っているような気持ちになったことなど、子供たちへの想いはプロの方に編集を依頼すれば仕上がりはカッコイイかもしれませんが、動画一つに対する子供への想いは伝わりにくいのではないかと思うのです。

今でも、生徒一人ひとりへの想い、愛情は続いていますから。

最後に、皆さまに感謝です!

最後に、まだまだYoutubeチャンネルに登録された方は、まだ100人にも満たない少ない数なのですが、登録された方には

相模原という地方の小さなバレエ教室の発表会のバレエ動画にチャンネル登録なんて嘘みたいな話です!

それと、それぞれの作品にイイね!も少しづつですが頂けるようになったようで、

こちらも本当に有難いことです。

私たちのバレエ動画をご覧になって、どんなバレエ教室なのか、少しでもお伝え出来たなら本当に嬉しいです!

そして、バレエに一人でも多くの方に興味を持って頂けたらとバレエ教育に携わるものとしてこんなに嬉しいことはありません。

動画をご覧になったすべての方に、

「有難うございました」

お詫びと訂正

下記の文章はYoutubeの分析データの読み間違いでした。
深くお詫び申し上げますと共に申し訳ございませんでした。
この記事については、事前に入念に調べて書いたつもりでしたが、Youtubeの分析結果を勘違いしてしまいました。
今後はこのような間違いが無いように十分留意の上ブログの記事を書いていきたいと思います。
すべてが間違いと言うわけではないのですが、下記については訂正いたします。
文章に取り消し線を入れたかったのですが、やり方がわからず一刻早くご報告の上お詫びしたいと思い
このような方法となりました。

最後に、まだまだYoutubeチャンネルに登録された方は、まだ100人にも満たない少ない数なのですが、登録された方の中には20万以上の登録者の方やプロのダンサーの方、某バレエ芸人の方などこちらが恥ずかしくなってしまいます。
これにはびっくり!!
何故??
それとあのKバレエも・・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる