最後まで生徒に寄り添う

バレエコンクールは結果がすべて。どんなに普段上手に踊ることが出来ても、コンクールの本番で一番良い踊りが出来なければ結果に結びつかない。それほど厳しいのが、バレエコンクールです。だからこそ、最後まで生徒に寄り添い、最後まであきらめないで指導するのです。野沢先生は。

野沢きよみの作品:バレエ小品「カノン」

オリジナル作品が多いのが、野沢きよみバレエスタジオの特徴です。 作品を踊る生徒たちだけではなく、ご覧いただく観客のみなさまにも 楽しんでいただくこと、それがバレエを楽しむこと、バレエの魅力だと おもいます。発表会はそのことを感じるのに良い機会なのです

「発表会」遠方からのお客様

バレエの発表会にかぎらず、舞台は大きな感動を与えてくれます。 そんな特別な一日を普段は遠くにいても、再会出来る喜びと感動と 素晴らしい思い出を家族みんなでつくることができること、それこそが バレエを習う魅力ではないでしょうか