コーヒーブレイクーバレエの未来は後ろからやってくる

未来は私達の前にあるのではなく、私達の後ろにある。

従って、過去は私達の前にある。

だから、何があったかを振り返ってみることが出来る。

正確な表現ではありませんが、そんな内容のメルマガに出会いました。

なるほど、「バックツーザフィッチャー」なのだ。

わたしたちの未来は前からではなく、じつは後ろからやってくる。

つまりわたしたちが未来だとおもっていることは、過去なのだ。

人間の思考は、未来へ向かっていると思いながら

過去を振り返ってばかりいるのかもしれません?

もしそうならば、自分の未来をみつめるということは

後ろをしっかりと見つめ直すことに

他ならないのかもしれませんね!

精神的にも、肉体的にも疲れたとき

前向きに考えられない!

そのとき、落ち込まなくてもいいんです!

なんてたって、前をみることは

私たちの過去にとらわれていることになり

実は、後ろ向きなんですから

自分の後ろをみて、

静かに振り返ればいいんです!

それこそが

自分の未来へ続く時間をみてる。

前向き!

ということだから。

いま、わたしたちは、どこにいるんだろう?

「現在」?

「未来」?

「過去」?

時間についての考え方次第で、

私たちは

積極的にもなり、消極的にもなります。

バレエのレッスンで疲れたとき、

前なんて見なくていい!

後ろをみて

しっかり休み、

力がよみがえるのを待っているだけでいいんだ!

私たちの前に現れるものばかり見ていては

新しいものは生まれない

しっかり後ろをみるべき!

後ろの暗闇のなかにこそ

「バレエの未来」があるのだから

コメント