少女のころの憧れだった習い事、それは「バレエ」

日本のバレエ人口は一説によれば、40万人ともいわれ

この数字は、世界で一番だそうです。

 

ちっちゃな女の子、少女たちが

おだんご頭で歩いている姿をよくみかけますし、

大人になってバレエを習っていらっしゃるのを

みても。うなずける数字かもしれませんね!

子供の頃、「バレエ」を習いたくて果たせなかった夢を

大人になってやっとかなえられたのでしょう。

 

そのことを裏付けるように、あるアンケート調査によれば、

「憧れだった習い事」の1位は「バレエ」だったそうです。

バレエの衣装ーチュチュー、トゥシューズは

少女にとって永遠の憧れのようです。

 

優雅なイメージのバレエですが

実際のレッスンはけっこうきびしく、上達するには

時間がかかります。

その見えない壁をどう乗り切るか?

それも、バレエのもつ魅力のひとつだと思います。

だから、舞台ー発表会などーで

衣装を着て、舞台化粧をし、照明ースポットライトーを浴び

音楽にあわせて踊ったとき

最高ににうれしく、

感動に全身が震え

「バレエをやっててよかった!」

実感するのではないでしょうか?

 

少女から大人になっても続けてみたい「バレエ」

そして、自分のお子さんにも

やっぱり習わせたい「バレエ」

多くの方が、

「バレエをやっていて、よかった」と

思っていらっしゃるようです。

もし、

いつかはかなえたいと思っていらっしゃるならば

いま、

バレエを始めてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメント