バレエの発表会ー限界に立ち向かう生徒の挑戦ー

 

「発表会」で浴びるのはあなただけに向けられた「スポットライト」

 

一人で舞台にたち

 

「ヴァリエーション」を踊る。

 

舞台を独り占めです。

 

今日は、あなたが主役。。。。

 

お客様全員が「あたたの踊りだけをみています」

 

こんな機会は人生でそう何度もあるものではありません。

 

これが「発表会」に出演する「バレエダンサー」だけが

 

味わえる最高の「気分」と最高の「感動」です。

 

一生懸命レッスンした自分への

 

舞台の神様からあなただけに贈られる最高のプレゼントなんです!!

 

よく

 

「バレエはお金がかかる」

 

「バレエは(習い事として)高い」

 

などの声を耳にすることがあります。

 

でも、

 

「舞台」という、特別な空間と特別時間。

 

そんな特別の体験を与えてあげられるのは

 

「ご両親」しかありません。

 

豊かな人間性を身につけるように自分を磨き、

 

この、「舞台」という特別な経験が

 

どれほど、「人間的成長を育むのか」

 

おそらく、経験しなければ

 

理解できだろうとおもいます。

 

それは、

 

「プチバレエクラス」

 

「ジュニアAクラス」

 

「ジュニアBクラス」

 

「シニアクラス」

 

どのクラスに所属していても、どんな年齢であっても、

 

また「バレエ」を始めたばかりでも

 

何度も「発表会」に出演しても

 

「舞台の神様」は、

 

必ず、「感動」という、最高のプレゼントを

 

舞台で踊る「バレエダンサー」全員に

 

用意してくれているのです。

 

ちっちゃなお子さんの踊りは、

 

「舞台の観客の皆様」から、最高の拍手と「微笑み」を

 

いただきます。

 

やっと、トゥシューズを履いて、「舞台」で初めて踊る舞台でも

 

気分はもう一人前の「バレエダンサー」。

 

それぞれの課題と向き合い、自分の踊りを

 

どのように表現するのか、試される「発表会」。

 

生徒のみなさんは、自分の限界に「挑戦」する「場」でも

 

あるのです。

 

だから、

 

「舞台」を経験したあとの

 

生徒の皆さんの顔つきは、それまでとは

 

まったく「別人」の顔になるのです。

 

「精神的」にいっきに成長します。

 

それが、「バレエの発表会」なのです

 

 

 

コメント