ささやかな一日に感謝

昨年末から気がかりなことがあり、ずっと不安な日々が続いていました。
しかし、やっと安堵できました。。。

そして、安堵した瞬間に浮かんだ言葉が、ザイン
ドイツ語のザイン(Sein)・・・
日本語で言えば、実在とか存在という意味でしょうか。

わたしは在る。この世に在るというふうに感じ、なんとも不思議な想いでした。在るというのは当たり前じゃなく、とても特別なことなのだと。

在るという空間自体が不思議な世界なのだと・・・

なんだか禅問答のような、わけのわからない表現になってしまいましたが、
わたしの敬愛する作家のある作品のなかに、

「花が誰かのために咲くのじゃなく、純粋に内なる心から毎年美しい花を咲かせる・・・、それだけで十分なんじゃないかしら。。」

正確な表現ではありませんが、この世に在るということだけで十分に感謝すべきことなのだと、作品の一節のこの部分が浮かんできたのだと咄嗟におもいました。だから、ザインという言葉が、言葉の意味が不思議な感覚で呼び起こされた気がしたのです。

暗く垂れた雲がしだいに消えて太陽の光が差し込み、明るい光が街を照らし、池の水面に反射してキラキラと輝き、その傍らで母とこどもが遊んでいる平和な日々が・・・。小説家にでもなったような気分でした。

その平和でささやかな一日に感謝。。。

コメント