バレエに行きたくない!どうするお母さん

淵野辺のバレエ教室 野沢きよみバレエスタジオです。。

バレエに限らず、お子さんが習い事に行きたくない!と、

駄々をこねたりして、お母さんは困った経験はありませんか?

バレエというわけではありませんが、お子さんが習い事に行きたくないというときの解決策は?という記事がネットに掲載されていましたので

一部記事を引用させていただきました。

――習い事に「行きたくない」と言われたときの解決策は?

保護者の悩みで一番多いのがこの問題です。行きたくない理由はいろいろありますが、親が原因を作ってしまっている場合も多いです。

たとえば、比較です。きょうだいや友だちと比べて「上手じゃない」「練習時間が短い」などと親が言えば、楽しくやっていたことでも嫌いになってしまいます。親が「練習しなさい」と押しつけるようにやらせるのも、嫌いになる原因です。<略>

【引用記事】
朝日新聞EduA の記事より一部引用
斉藤 純江 EduA編集部 記者

他のお子さんとの比較を親がしているのでは?
案外多いのかもしれませんね!

比べられた子供さん本人としては、面白いはずがない。
他人じゃなく、兄弟姉妹ならもっと嫌かもしれません。

お子さんの成長は一様ではなく、個人差があり、生育はそれぞれの子供で違うのが当たり前のような気がします。おそらく頭では理解していても、ついつい比べてしまうのでしょうが、やはり比べられる本人は嫌なものでしょう。

学校に行けば、成績で評価されることに親も子も慣れているというか、評価の方法が点数などや、出来るできないなどの比較で評価されるから、仕方がない。

この評価方法が全てになってしまうと、習い事も同じ物差しで評価してしまうことがあるのではないでしょうか?

私どもの教室でも、

背が小さいから・・・

物覚えが悪いから・・・

不器用だから・・・

など、お子さんのことで悩んでいらっしゃるお母さんはいらっしゃったと思います。
これらの言葉には、の言葉の前に、「〇〇ちゃんと比べると」
という条件がついていたことが多かったように思います。
やっぱり、他の人とついつい比べているんですね。。。

ご自分のお子さんの可能性を他の子と比べることで摘み取ってしまう危険性が高くなっています。

もう少し永い目でみてみる、時間軸を緩やかにとって見てみることも有り!なのではないでしょうか。

私どものバレエ教室は習い事の一つかもしれませんが、出来るだけ永くバレエを続けることで、自分と向き合い、自分ことをよく知る、バレエのレッスンや舞台を通して、自分の可能性、人間性を高めていく、そんな時間になってほしいと考えています。

こどもが植物に水をあげる

ですから、すぐに結論を出さない。
バレエとの付き合いでより深く、自分自身とバレエを理解する努力を続けることで、人間としても成長できるのではないかと思っています。

バレエが上手になることだけがすべてはないのだ。

そんな、バレエとの向き合い方もあるのだと。。。。。
 

子供をみつめるお母さん

 

コメント