WEST 51st STREET

WEST51stSTREET

2007年9月17日第5回町田ジュニアフェスティバル「町田ジュニアバレエ」町田バレエフェスティバル合同作品として発表された、野沢きよみの創作作品。与えられた課題は「ガーシュイン」。現代音楽のアメリカの巨匠、数多くの有名な作品を残し、曲名は知らなくてもどこかで聴いたことのある音楽ばかり。しかし、ガーシュインの音楽がバレエ向きかと聞かれれば?バレエとして踊るには非常に難しい。ひたすら音楽を聴き、イメージをつかみ、完成した思い出深い作品です。合同作品ということで、フェスティバルに参加した各団体の生徒さんが集まり、いざ振付。ところが、バレエとして踊るには聴き慣れない音楽、さらにクラシックバレエの一般的なステップ、身体の使い方とはまるで違う野沢作品に最初は戸惑い、まったく動くことが出来なかった生徒たち。レッスンの回数を重ねることで、全員でこころをあわせ、見事に踊りきった作品「WEST 51st STREET」です。

WEST 51st STREET