【スタジオの特徴】子供が飽きない工夫のレッスン

野沢きよみバレエスタジオの特徴_子供が飽きない工夫のレッスン

小さな子供さんたちは、集中力が長く持ちませんので、飽きないように工夫しながらのレッスンとなります。
何より怪我がないように心を配りながら、からだの柔軟性と筋肉を強くする。そして意識を集中させる時間を少しずつ伸ばしながら、音楽とからだの動きが少しずつ一体化できるようにしていきます。

そのために、腹筋だったり、背筋などの筋肉を少しずつ無理のないように、からだ全体のストレッチと一緒に意識の集中とからだの動きを繰り返しレッスンを行います。

バレエのバーレッスンはゆっくりとした動きですが、からだ全体を使いながら全身をストレッチします。体幹を強化しますので見ているよりずっとハードで、筋肉に負荷をかけながながら優雅な動きと同時にしっかりと基本のポジションを習得していきます。

どんな世界でも基礎はとても大切です。
そしてその基礎をおろそかにしては、上達は望めません。
しかし、この基礎は単調で同じことの繰り返しですので、多くの人にとってつまらなく、いつの間にか何も考えず惰性になってしまい考えることがなくスーと流れていってしまいがちです。
基礎のレッスンは行ってはいるのですが、実際には基礎が身についていない状況で時間だけかけていて基礎が身についていると錯覚してしまいがちです。

バレエを始めるのであれば、バレエの基本の本質を理解している教師を選ぶことがとても重要だといえます。