「バレエ王国ロシアへの道」2022年03月22日に発売

舞踊評論の村山久美子さん新刊書「バレエ王国ロシアへの道」が2022年03月22日に東洋書店新社より発売されます。

日本ではバレエといえば、ロシアという方が少なくありません。
かつてのバレエ大国ロシアも最近では、バレエダンサーもかつてのようなステイタスも尊敬も集められてはいないとか?また、ロシア内での活動の場も昔ほどではないと聞いています。なので、海外で踊るダンサーが増えているとか。
とはいえ、まだまだバレエはロシア!

そんな、バレエ大国の再発見の書がこれです!

世界を虜にする魅力の秘密とはーー。綺羅星のごとく名作・名演を生んできたロシアのバレエは、天才たち、改革者たちの仕事が積み重なった深い森だ。時代を大きく変えた飛躍だけが、そこにあったのではない。表には見えない無数の歩みもが、王国を創り上げた。

ロシア・バレエ再発見の書!

発行元:東洋書店新社より
相模原のバレエ教室野沢きよみバレエスタジオーバレエお役立ちーバレエ大国ロシアへの道

著者 村山久美子について:

舞踊史・ロシア舞台芸術史家、舞踊評論家。ロシア語翻訳通訳。著書に、『二十世紀の10大バレエダンサー』(東京堂出版)、『知られざるロシア・バレエ史』(東洋書店)他。訳書に、『ワガノワのバレエレッスン』(新書館)他

発売日:  2022年03月22日
著者/編集:  村山久美子円(税込)
出版社:  東洋書店新社
発行形態:  単行本
ページ数:  320p