NHKBSプレミアムシアター7月放送はスコティッシュバレエの〜ジーン・ケリー バレエへのラブレター〜

7月にNHKBSで放送されるプレミアムシアターは「スターストラック ~ジーン・ケリー バレエへのラブレター~」ですが、ジーン・ケリーといえば、「雨に唄えば」のアメリカミュジカル映画を思い浮かべてしまう有名な俳優であり、ダンサーで、振付師というのが第一印象でした。今回の作品について調べてみると、

(ジーン)ケリーは1960年に、パリ・オペラ座バレエ団のために新作の演出と振付を手掛けた。この作品がスコティッシュ・バレエ団により、2021年9月末から10月初旬に再演され、公演を収録した映像が11月末から期間限定で配信される。タイトルは『スターストラック』。副題に『ジーン・ケリーのバレエへのラブレター』とあるように、「踊る大紐育」や「巴里のアメリカ人」などで、自ら振り付けた長尺のバレエ・ナンバーで観客を感嘆させた彼が、長年培ったダンス・テクニックを駆使した渾身の一作となった。1960年の南フランスに降り立った、ギリシャ神話の女神アフロディーテのアバンチュールを軸に、ジョージ・ガーシュウィンの名曲〈コンチェルト・イン・F(ピアノ協奏曲ヘ長調)〉などに彩られた、躍動感と瑞々しさ溢れるダンスが堪能出来る。



引用:「ザ・ブロードウェイ・ストーリー」VOL.18 映画版『ブリガドーン』とジーン・ケリーの輝かしきレガシーより
https://spice.eplus.jp/articles/294703

と、あり。初めはパリ・オペラ座のために演出・振付された作品がスコティッシュバレエ団で2021年に再演された作品ということがわかりました。

クラシックバレエとは一味違うダンスの楽しさを味合うことのできる作品です!