NHKBS10月放送のバレエはモンテカルロとピカソ・アット・ポンペイ

NHKBSプレミアムシアターの10月放送のバレエは、モナコ公国モンテカルロ・バレエのコッペリアCOPPEL-I.A.」とローマ歌劇場バレエ団の「ピカソ・アット・ポンペイ」です。

モンテカルロの「コッペリア」は私たちが普段見慣れている「コッペリア」とは全く違う作品です。
衣装や振付など古典バレエの作品に新しく抽象的な作品なのです。

モンテカルロの芸術監督のジャン=クリストフ・マイヨーによって、古典バレエに新しい解釈、舞台での表現方法によって
現代に蘇らせるのが目的ではないかと思われます。

実際、彼が初めて振付をした『ロミオとジュリエット』(1996年)は、この作品は成功を収め、マイヨー自身も振付家として世界的に認められ、モンテカルロ・バレエ団もダンス界から注目を集めるカンパニーとなったのです。


NHKBSプレミアムシアター 10月16日(日)午後11時20分~午前4時22分

  • モナコ公国モンテカルロ・バレエ「コッペリアCOPPEL-I.A.」
  • ピカソ・アット・ポンペイ バレエ「パラード」「プルチネッラ」
  • モナコ公国モンテカルロ・バレエ「じゃじゃ馬ならし」(再放送)

コッペリアCOPPEL-I.A.」

今回の「コッペリア」も新しい解釈によって古典バレエを現代に蘇らせています。
高度な技術社会における、二人の愛ー人類の愛ーという永遠のテーマをどうバレエの舞台で表現したのでしょうか?